Shandy gaff #2

vegalta,football

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慈悲の剣

●イゼ様に説得された時のゼハートの心理の変遷が良かった。
 あれは言葉だけだと、読み取れない人多いみたいだけど
 ゼハートの表情の変化が丁寧で、見応えあった場面。
 速攻、背景をうちうにパチっと切り替えたイゼ様&ビクッとなるゼハやんにはワロタ(笑)
 とうとうウチの可愛いにゃんこにも反抗期が来てしまった、お赤飯炊かなきゃ。

 私が見たところ、小説版Vの月面での家族団らんでの一幕。
 ウッソが父ハンゲルグに「戦争終わってカサレリアに家族で帰れるのはいつ?」
 って子供らしいことを言うんだけど、
 そんなの確約できないから、ハンゲルグは話を転進させるのだった。
 「カサレリアの川辺のリンゴはどうだ? あれはアップルパイにすると美味しい」
 「去年はそこそこだったけど……」

 ウッソは良い子だから、父の欺瞞に気付きつつも話合わせて、追求を諦めるのだった。
 この時の地の文でハンゲルグ視点で、

 ウッソはやさしくなってくれた。

 っていうのがあって、これほど「子供から親への慈悲」を簡潔に示した表現ってないな、
 と心に残ってた言い回し。
 なのであの場面「ゼハートはやさしくなってくれた」のだった。私にはそう見えた。
 ゼハートは元々優しい人だけど…。
 下から上に向けるべきは、与えられるエロスの愛であって、
 与えるアガペーの愛じゃないはずなんだけど、子供がそれをやらなきゃいけない時がある。
 「ウッソはやさしくなってくれた」は、私も何度かリアルで思い浮かぶことがあったのでした。
 逆順の愛がどれだけ心的負担になるかわかってるだけに、させる側になってしまって申し訳なかった。

 「子供から親への慈悲(赦し)」は、AGE2であるアセム/ゼハートの世代が
 やらなきゃいけないことなのでした。私はこの「転進」をVの頃に済ませてる。
 子供でありながら親の心を獲得して、親の過ちを赦し、下の世代を守り導かなきゃいけない。
 そのためには、同世代で血を流す必要があるのだった。
 「一人一殺」で負け抜けして獲得するのは、「影」の過ちを目の当たりにして「他者」と認識し、
 その理不尽を受け入れ、弱さを赦す「親の心」だから。
 この未来を避けたかったけど、311で早速の「同士討ち」で不可避だと悟った。
 どうせ不可避なら、いっそ…………あとはわかるな?


 前述のは、千秋リンゴとアップルパイにまつわる話(+レシピ)として、
 かつて本サイトでは「カサレリアのリンゴ」としてコラムをアップしていた。
 きっとカサレリアのリンゴは、千秋みたいに硬くて、
 加工しても煮崩れしないリンゴに違いないって話で。
 ちなみに今年のアルプス乙女は出来が悪くて、
 早々と摘果して樹をお休みさせることにしました。今年は「裏年」だった、そう思うことにする!



 …ただイゼ様がゼハやんに渡した剣は、慈悲の剣かもしれないが、
 剣聖の証、海燕剣かもしれないし、カシナートの剣じゃないかとも疑っている(笑)
 何せ劇団ヴェイガンズの2TOPゆえ。
 アセム編の頃は、二人の通信をよく脳内カエル置換して見ていたであります。
 閃いちゃった時とか最高だった。
 

続きを読む »

スポンサーサイト

父の名

●何とか戻ってきました。ただいま。負けを認めます。

 久々にネット繋いで、色々先の情報を見てみて…。
 とりあえず真っ先に謝るべきは
 日野さん、AGEスタッフの皆さん、本当に申し訳ありません。
 あと多分、他の多くの方も巻き込んでしまってるんだよね。きっと…。


●避けたかったのに、一番大きな形で傷つけることになってしまった。
 …こうなるってわかってたから、ずっとAGEから離れてたのに…。
 でも1話からずっと見て「戻る」のを我慢してきて、
 キオがあんまりにも可愛すぎて我慢できなかった…。
 「救世主」というのが「何なのか」わかっていたら、させたくなかったのです。
 これは1話からフリットに対して思ってた。
 こんなちっちゃな子が戦わなきゃいけないなんて、
 「未来」がもう始まってしまったかのように思えて涙してたのだった。
 AGEは見てて、30分ずっと泣いてること多かったなあ……。

 それにここまで人格トレースされて「近い」と、
 確実に愛憎一致(自他同一)になるから、それだけは避けたかった。
 「イエスとユダ」の関係をやらなきゃいけない。

 私が受け取ってたメッセージは1話から

 「お母さん大好き、お父さん大好き!

            そして大っ嫌い!!
 でした。

 このこんがらがり具合は、オチは決まっているのだった…。

 「自他同一(母子密着)」→「影との対決(一人一殺)」→「自他分離(母子分離)」

 あと祖父への愛憎も。それらが全部私に転嫁されていた。
 あなた≒私 でだいぶ混ざってしまっていた。なぜそこまで…と思う程。
 ラカンの「鏡像段階」にありました。
 

続きを読む »

*おおっと*

●張り切って三世代編、といきたいところですが、
 私のメイン垢、船降ろされちゃいました(ノД`)
 ガンダムだったら当然「この視点」だし、「子供向け」だから。
 何より絶対死なない安全地帯。
 Vオタなら当然、まっ先に探すべきは安全地帯なのだった(笑)
 Vでは、ウォレン(またはスージィ)が画面に映ってる時は死人が出ませんのLIVEモード
 父なる神は、最も善良で無知で弱きものを愛するのだ。
 Vの神は怒りと厳罰に満ちあふれたイケニエを欲する神であっても、
 罪なき赤ん坊に近ければ近いほどジャッジが甘かった。よってカルルマン最強。
 ウォレンは後の∀のキースなどに繋がるキャラ。実はV一番の性格イケメン。
 マルチナはやめてスージィにするといいよウォレン。
 それでいくとキオ編ナンバー1のイケメンは、ウットビットだった。
 ロディさんに「行け、(ウット)ビット」されたりして、本当に可哀相に…。
 「悪魔は善人の顔をしている」って、ウットビットはそろそろ学んだ方がいい。
 そういえば「ここまで」って前からの話だったなあ…。
 ナース(見習い)とデートのキオ編でした*
 お兄ちゃんも助けてくれてありがとう。MSもいっぱい見られたし。
 多分キオ編は子供ウケ良かったはずだよ。その視点で見てた私が満足だったので。


 見送ってくれてありがとうアリス
 丘をおりて、あの小川を越えたら、そしたらきみは女王さまだ


 他はというと、もはや誰か入ってて垢ロックかかってるのでした。入れにゃい…。
 おお、すっかりRPへの理解が進んだようで…。
 これぞ父性=「個性化」という。カスタマイズ最強+

●白の王がおる世界は、もれなく厳罰主義で……。
 何せその悪しき性質は「子殺しのクロノスです。
 私がPSOで使ってたキャラ名の一つは、イサクだったのですよ。皆には与作って言われてたけど。
 「強過ぎる父神」と戦うのに関しては、ベテラン()なのだった。
 よって「受け身で無力な子供(つまり視聴者)」が生き延びるためのレギュレーションの把握と、
 知恵ある最適な解法探しは必須なのだ。
 おばかな子のために、1回目は甘めに見逃してくれるので、
 ひっそり出されたイエローカードに気付くことが何より大事。2回目はレッドで退場だから。

 しかし白の王イゼルカント様の堕落と共に、劇中レギュレーションは変更になりました。
 行ってらっしゃい、クリフォト落下コース。
 嘆きの川の底に居るのはマルクト転じたヘビの女リリス(赤の女王)であり、
 キリスト/ルシファー転じたサタン(赤の王)なのだった。
 ゆえに赤の価値観=「物質主義」
 白の王が陥りやすいのは、神に代わって神になりすます「傲慢」=ルシファーの罪なのだった。
 あと一歩で「王冠」だったけど、ここで気付かずさかさまの鏡の世界(クリフォト)に入るのは
 どうもお約束みたい。経験上。

 オービタル+ノーマルが壊された時の感想で、
 「何か取り返しのつかない大事なものが壊された気がする、不安だ」
 と述べてた人がいて、その人はセンスがいいなと思った。
 さすがここまで見て来たスーパーパイロットだけはある(笑)
 あそこが分岐点(イエローカード)だったのです。
 その前から色々やっちゃってるんだけど、下降してる間は気付かない。
 ちゃんとクリフォトの通りに落ちて行く天使のコースがキオ編だった。
 私にとっては一年前のお話。ここから先は本当に辛いよ…。
 完全な自分の「影」との対決=ハルマゲドンが待っている。

続きを読む »

テストパイロット

●とりとめなくMS話。クランシェいきまーす。脚が艶かしい。
 あれって顔はジェノアスに似てるようで、
 印象としてはアデルに似てるのがいい。色々妄想が弾む。
 議会に予算通すのに、「まるっと全部新規です」ってなると、ナニソレコワイで渋られるけど
 「アデル可変改修計画(アップデート)」って言ったら通りそうじゃない?(笑)
 現場ではアップデート()扱いなんだけどさw 実は共有パーツは3割もありません状態。
 可変なんだからあったりめえじゃろ。
 でも見た目はアデルっぽくして、ほぉら大丈夫大丈夫アデルだよー恐くないー。
 人間は見た事あるものがあると安心するのだった。
 よくある話。

 とりあえずAGE2の戦闘データを活かしたアデルアップデート()計画で、
 可変のため(メインここ)の予算が降りてイヤッフォーイ*状態なのは技術者たち。
 やりたいって思ってたんだー♪ 変形はロマンDAYONE* これが本当のことだとはry
 これはペーの開発リダぐらいのヘンテコがトップにおるで(笑)
 「クランシェ」の名前のセンスにそれを感じる。

 リダ<何だかちょっとフランスっぽいでしょ?

  リダは元オリーブ少女だったのだろうか。
 マジでこの華奢で軽いフェミニンな語感の名前のセンスは、やられたと思ったのです。
 他は濁点ついて勇ましい中での「いかにも紙飛行機」な感じ。たまらん。
 何より連邦軍の新プロジェクト(異質)って感じがよくわかる。
 技術者だけじゃなくて、これを動かせる、一部に政治センスのある
 目のある聡明な人がいるってわかる。
 たまにリアルでもこういうチャレンジ感のある新製品(プロジェクト)があったりして
 そういう時まっ先に飛びつくのが私。今割とそういう動きはある感じはする。
 アイデンティティの再確認(温故知新)的なブレない軸があるのが特徴かな。
 リスクの恐怖が支配する中で、そういうチャレンジには
 勇気と強い意思が持てる精神力が何より必要だと思う。そしてリーダーシップ。
 つまり父性がある人は、早くも動き出している。「我に続け」(F91)
 感覚としてクリアー&ブライトネスって感じのものは好きさ。

 あとはモルモット テストパイロットの調達だな。
 空を飛べたらそれだけでご機嫌っていう飛行機乗りで、
 尚かつMSも使えるという変態を選ばねばならない。
 新しいってだけで飛びつく命知らずをだな。
 このためのアセム編でのXラウンダー適正検査だった。すごい伏線。
 ていうかメタ的にもそうだったんだけど、お茶の間は知らない(笑)
 アセム編が面白い=Xラウンダー(ボダ)。
 そしてキオ編が面白い=スーパーパイロット(X後期型)
 この辺は詳しくはあとでー*
 

続きを読む »

ナースとデート

●あんな若いアラフォーいない(笑)と毎回思うユノアおばさん。
 キオとユノアのツーショット見てると思い出すのは、
 実は私の初デートがナースとの院外での秘密の逢瀬だった。
 ナースとデートだ、羨ましかろう! ちなみに10歳の時のお話。
 どこの病院でもナースたちのアイドルやってたんだけど、
 当時、週一で通ってた医院のあるナースさんが私はとても好きだった。
 ちょっと気の弱いところがあって、婦長さんに常に怒られてるような人で
 でも明るくて優しくて、ナースの仕事が好きなんだとよくわかるような人だった。
 ある時、治療後にこっそり耳打ちされる形で、「二人きりで外で会わない?」と誘われたのだった。
 もちろん皆には秘密で。
 懐いてた私は二つ返事でOKしたけど、こういうのが「ルール違反」とも理解してた。
 彼女らはあくまでお仕事なので。

 いざ喫茶店でパフェを奢ってもらうことになって、色々お話してたわけですが、
 やがて彼女が切り出したのは、「これでお別れ」という話だった。
 ただ数々の入退院と引っ越しで、すでに別れに慣れてた私からすると、
 わざわざ挨拶して、こんな場を設けてくれるなんて律儀な人だという思いがあった。
 もうすっかり醒めてたのね(笑)
 それで彼女が渡してくれたのが、オルゴールのついた小物入れのプレゼントだった。
 この時、何か言われたんだけど、彼女が涙を浮かべて泣き出したので、
 私はショックで覚えてないのでした。目の前で大人に泣かれるって子供には衝撃大きいから。
 ほどなく泣き止んだ彼女は、笑顔でまた色々話してたと思うけど、
 怪訝な気持ちは消えなかった。

 帰ってきて、オルゴールを聴いた母が「これ、花嫁人形ね」と教えてくれた。

 金襴緞子の帯締めながら、花嫁御寮は何故泣くのだろう

 「花嫁人形」 小鳩 くるみ



 この時やっと、寿(結婚退職)だったんだ、と確証を得たのですが、
 それならなぜ彼女はそのことをはっきり言わなかったのだろう、と疑問に思った。
 別れの理由としては明解だし、私はきっと諸手で祝ったと思うのです。
 それを伏せる理由が、当時の私にはわからなかったのと、
 この曲が、祝い事の割にやけに悲しげだったのが気になっていた。
 このミステリーは、長らく私の心の中に引っかかっていた。
 
 
 

続きを読む »

Top|Next »

HOME

shandy

Author:shandy
ベガルタ仙台を応援しています*
久々のJ1楽しみ!
良い試合を期待しています

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。