Shandy gaff #2

vegalta,football

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慈悲の剣

●イゼ様に説得された時のゼハートの心理の変遷が良かった。
 あれは言葉だけだと、読み取れない人多いみたいだけど
 ゼハートの表情の変化が丁寧で、見応えあった場面。
 速攻、背景をうちうにパチっと切り替えたイゼ様&ビクッとなるゼハやんにはワロタ(笑)
 とうとうウチの可愛いにゃんこにも反抗期が来てしまった、お赤飯炊かなきゃ。

 私が見たところ、小説版Vの月面での家族団らんでの一幕。
 ウッソが父ハンゲルグに「戦争終わってカサレリアに家族で帰れるのはいつ?」
 って子供らしいことを言うんだけど、
 そんなの確約できないから、ハンゲルグは話を転進させるのだった。
 「カサレリアの川辺のリンゴはどうだ? あれはアップルパイにすると美味しい」
 「去年はそこそこだったけど……」

 ウッソは良い子だから、父の欺瞞に気付きつつも話合わせて、追求を諦めるのだった。
 この時の地の文でハンゲルグ視点で、

 ウッソはやさしくなってくれた。

 っていうのがあって、これほど「子供から親への慈悲」を簡潔に示した表現ってないな、
 と心に残ってた言い回し。
 なのであの場面「ゼハートはやさしくなってくれた」のだった。私にはそう見えた。
 ゼハートは元々優しい人だけど…。
 下から上に向けるべきは、与えられるエロスの愛であって、
 与えるアガペーの愛じゃないはずなんだけど、子供がそれをやらなきゃいけない時がある。
 「ウッソはやさしくなってくれた」は、私も何度かリアルで思い浮かぶことがあったのでした。
 逆順の愛がどれだけ心的負担になるかわかってるだけに、させる側になってしまって申し訳なかった。

 「子供から親への慈悲(赦し)」は、AGE2であるアセム/ゼハートの世代が
 やらなきゃいけないことなのでした。私はこの「転進」をVの頃に済ませてる。
 子供でありながら親の心を獲得して、親の過ちを赦し、下の世代を守り導かなきゃいけない。
 そのためには、同世代で血を流す必要があるのだった。
 「一人一殺」で負け抜けして獲得するのは、「影」の過ちを目の当たりにして「他者」と認識し、
 その理不尽を受け入れ、弱さを赦す「親の心」だから。
 この未来を避けたかったけど、311で早速の「同士討ち」で不可避だと悟った。
 どうせ不可避なら、いっそ…………あとはわかるな?


 前述のは、千秋リンゴとアップルパイにまつわる話(+レシピ)として、
 かつて本サイトでは「カサレリアのリンゴ」としてコラムをアップしていた。
 きっとカサレリアのリンゴは、千秋みたいに硬くて、
 加工しても煮崩れしないリンゴに違いないって話で。
 ちなみに今年のアルプス乙女は出来が悪くて、
 早々と摘果して樹をお休みさせることにしました。今年は「裏年」だった、そう思うことにする!



 …ただイゼ様がゼハやんに渡した剣は、慈悲の剣かもしれないが、
 剣聖の証、海燕剣かもしれないし、カシナートの剣じゃないかとも疑っている(笑)
 何せ劇団ヴェイガンズの2TOPゆえ。
 アセム編の頃は、二人の通信をよく脳内カエル置換して見ていたであります。
 閃いちゃった時とか最高だった。
 

続きを読む »

スポンサーサイト

父の名

●何とか戻ってきました。ただいま。負けを認めます。

 久々にネット繋いで、色々先の情報を見てみて…。
 とりあえず真っ先に謝るべきは
 日野さん、AGEスタッフの皆さん、本当に申し訳ありません。
 あと多分、他の多くの方も巻き込んでしまってるんだよね。きっと…。


●避けたかったのに、一番大きな形で傷つけることになってしまった。
 …こうなるってわかってたから、ずっとAGEから離れてたのに…。
 でも1話からずっと見て「戻る」のを我慢してきて、
 キオがあんまりにも可愛すぎて我慢できなかった…。
 「救世主」というのが「何なのか」わかっていたら、させたくなかったのです。
 これは1話からフリットに対して思ってた。
 こんなちっちゃな子が戦わなきゃいけないなんて、
 「未来」がもう始まってしまったかのように思えて涙してたのだった。
 AGEは見てて、30分ずっと泣いてること多かったなあ……。

 それにここまで人格トレースされて「近い」と、
 確実に愛憎一致(自他同一)になるから、それだけは避けたかった。
 「イエスとユダ」の関係をやらなきゃいけない。

 私が受け取ってたメッセージは1話から

 「お母さん大好き、お父さん大好き!

            そして大っ嫌い!!
 でした。

 このこんがらがり具合は、オチは決まっているのだった…。

 「自他同一(母子密着)」→「影との対決(一人一殺)」→「自他分離(母子分離)」

 あと祖父への愛憎も。それらが全部私に転嫁されていた。
 あなた≒私 でだいぶ混ざってしまっていた。なぜそこまで…と思う程。
 ラカンの「鏡像段階」にありました。
 

続きを読む »

オズの魔法使い

●ひぶちさんのご指摘の通り、「オズの魔法使い」は私も大好きなお話です。
 まさに

 「ああエムおばさん! おうちに帰れてほんとうによかった!」

 で、我が家の一つであるファミマのお話になってるわけですが(笑)
 一緒に楽しんで下さってありがとうございます。ただいま〜*
 悲しいのは昔みたいに作品を通して、ひぶちさんとアレコレお話しできないことですね。
 ひぶちさんのご意見はいつも視点が鋭くて、我が意を得たり!以上の驚きがあります。

 あれに出てくる東西南北の魔女が、オリジナルの「SW(スノーホワイト)」での
 スノーホワイト、リリディシュやニナ(ナイチンゲール)、ミストレスのモデルでした。
 全然違ってますけど、気にしないで(笑)
 「悪い魔女」「良い魔女グリンダ」などの、女性の根源的なイメージを色々分割してたので。
 ずいぶん昔(04年)の絵だけど、恥を忍んで再うp

mist.jpg

続きを読む »

天使の助け

●ひぶちさん、お久しぶりです〜* コメントありがとうございます。嬉しいです!
 今年のバラは駄目でした、ウチ……。
 九州は大雨ありましたが、ひぶちさんのところは大丈夫でしたでしょうか?

 ちるみの結婚、喜んで下さってありがとうございます(笑)良かった*(ホ)
 阿部っちになんぞ許さない!ってゆわれたらどうしようかとw

 健太の件は、逆にママから切り離すこと(マザコン防止)が隠れた主眼でした。
 そのためのイケニエとしてちるみがいたと言っても良い(笑)
 どうしても「母の愛」は愚かなもの(愛は不条理ですから)なので、
 ママは情愛(とエゴ)の赴くままフリーダムでいいけど、
 ジャッジである私たちはそうはいかなかったのです。
 父なる神の私たちの計画では、ママにちるみをあてがって目を逸らしてる間に、
 健太を立派な男に育てる、というのが、実はファミマの裏プロジェクトでした。
 古来より、完成度の高い作戦とは、双頭作戦なのです(笑)
 この点で、一点突破のシングルタスクの男性脳より、
 あれもこれもでマルチタスクの女性脳の方が向いてたりします。

 母+息子だと、男が「母のコピー」となって悲惨なことになりますが(主に社会が)
 母+娘なら、大した害はないですからね。そのままドアtoドアで出荷可能です。
 せいぜいパートナーの阿部っちが苦労するくらい(笑)
 私たちはリスクの少ない方を選びました。阿部っちはいつでもファミマの被害担当艦です。
 人道に反するロリコンを許す代わりのノブレス・オブリージュ(社会貢献)です(笑)
 ちるみにはちゃんとパパによる愛で、陽の気(父性)の注入もしてありましたので、
 女の陰の気だけのクレクレ姫(ブラックホール)にはならない子にしてありました。
 よって文句は言わせない。

 実は神の見えざる愛は、健太に最も注がれてました。
 一番大事なものは隠されるのです。
 これ、わからなかったでしょう?大成功ですね(笑)
 ファミマの読者さんの中でも健太の視点=男性読者は、一番贔屓にされてたのです。実は。
 (公式チートも施しておくし)必ず安全地帯に置いておくから、そこから色んなものを見て 
 よく観察し、学び、(未来の)危機に備えろと(笑)
 スーパーパイロットになれww  ママみたいな女には捕まるんじゃないぞ!!
 あと流行を追いがちな女性に比べて、男性読者さんはマメというか、
 一度納得して気に入ってくれると、長いお客さんになってくれたので、
 健太優遇は、日頃ご贔屓にして下さるお返しの意味もあり。

 そういうわけで、一連の流れの中で、ひぶちさんは健太目線で
 冷静にお楽しみ頂けたのではないでしょうか。スーパイになれましたか?
 

続きを読む »

天使の試し

●ファミマやってた時、神なる私たちのジャッジ基準は、常にちるみ(読者の視点)にあった。
 いわゆる「天使の試し」というもの。

 ある時、家に浮浪者が訪れる。もちろん何も持ってないし、何の益もない。
 この浮浪者を快くもてなした結果、
 実は浮浪者は天使ガブリエルの化けた姿だったと判明する。
 身銭切ってもてなした家には繁栄が、身ぐるみはいで追い出した家には破滅が訪れた。


 だいたいこんなシノプシスだったはず。
 最も無益で弱きものに対して、慈悲をかけられる(無償の愛)かどうか。
 人の善性を問う道徳譚です。
 そしてギャグは理性の世界だから、父なる神による一貫して公平なジャッジが行われる。

 ようこそ、我が世界へ。
 だいたいおおまかに公平にするから、皆は安心してこの世界に住むといい。
 だいたい皆が等しく不完全でバカゆえに、ジャッジはだいたい公平にするから任せろ^^
 ただ神の視点は大雑把なので、こまけぇことはわからない。
 全体としてトントンにするから、細かい理不尽さは怒らず流すように。
 何かあったら、人間ゆえの「バカさゆえの過ち」をトホホに泣き笑って赦しましょう。
 明日は我が身なのだから。

 「慈悲(父性)の共有」こそが、ギャグの本道。そのためには「理解」が必要。
 理解には「知識」が必要だし、我が身に応用するには「知恵」が必要だ。全部白の王の要素。
 笑いのお薬出しておきますねー。
 なので私たちにとってちるみ=読者さんは、もてなす天使ガブリエルだった。
 ファミマ2表紙でバーバラにコスプレさせたように。
 エゴがぶつかり合うファミマワールドにおいて、ちるみが最も無力だったので、
 それとなく神が守る必要があったのでした。時に神なるものは「父」となって現れた。
 よってパパは何度でもカカッと蘇る(笑)
 一番おばかで善良で受け身で無力なちるみに対して、慈悲をかけられれば褒美、
 相手の意思より自分のエゴを優先したら罰(望みは叶わない)
 「ROME」で同じ基準をプッロに置いてたので、青野さんの隠しルールがすぐわかった(笑)
 天使の試しならぬ、ワンコの試しだったけどw
 ただしプッロがイノセントで無知なるワンコ(子供)ではなく、花嫁を得て
 エデンを出て「ヒト(男=アダム)」になる
と同時に、ジャッジ基準は変更されたのだった。

 ヒトならヒトらしくあれ、と。
 

続きを読む »

Top|Next »

HOME

shandy

Author:shandy
ベガルタ仙台を応援しています*
久々のJ1楽しみ!
良い試合を期待しています

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。